シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
SNSフォローボタン

今後の予定など(予定は未定と言いますが)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Evernoteに保存Evernoteに保存
  • 0

期日前投票期間も残り7日となりましたが、いまいくつか考えていることです。時間とのバーターですが、一応、全部できたらやりたいなという。

作成した全国の期日前投票所のデータリストを公開

google社の規約上、座標データは出せませんが、それを除く施設名や住所などのデータセットをオープンデータ(許諾不要で二次利用OK)で公開。
候補者であれ、有権者であれ、普通の方は、自分の県だけあればいいと思うので、それでコンパクトな、もしくはお洒落な、地図を自作することが可能です。

データからコンテンツを引っこ抜く

たとえば全国の「大学内の投票所一覧」や、「ショッピングモールの一覧」などを出すことが可能です。

選管さんに見てもらう&啓蒙する

せっかくなので作ったものを見て頂く。それにより来年からは住所を入れようとか、より原型に近い状態(エクセルやCSV)で出そうとか、できたら思って頂く。

候補者さんに使ってもらう

近年、期日前投票が総務省や選管のキャンペーンもあり、得票数を高めています。が特に選挙に慣れていない層(若者や浮動票)からは、どこにあるか分からないという声をよく聞きます。そこで「ここで探して行ってくれ」となれば三方良しです。

QRコードやバナーを作る

上記に役立つ小物や、あとここ数念はSNSで画像を作ってシェアするっていうのが流行っていて、バナー職人もいたりするので、ちょっとそういうこともやりたい気(昔某さんの所でやったけどイマイチ弾けなかったリベンジ込み)

そもそもデザインが…

デザイナーがいないので、何の捻りも出してません。なので見栄えを良くしてくれるデザイナー緩募ということで。。。
興味ある方はここからご連絡を…

元データの所在リスト

今回、各都道府県の選管の公開情報からデータを収集しているんですが、要はそのリンク集を作ろうかっていう、だけの話ではあります。ただこれ、探すだけでも大変&結局見つからなかったって話も聞こえてきて、おっと、これはもしかして有意義?なんておもったりしています。

余談

あとは都知事選があるんで、そこを見つつで。