山梨県知事選挙 期日前投票所マップ(2019年)

スポンサーリンク

山梨県知事選挙(2019年1月27日投開票)対応、期日前投票所マップ 特設ページです!


検索したい、現在地から探したい時は…マップ本体へ
マップのご利用案内

山梨県知事選挙の期日前投票について

選挙当日に用事がある場合は、事前に投票をすることが出来ます。

期間:1月11日(金)〜1月26日(土)まで(原則)
時間:午前8時30分~午後8時まで(原則)
場所:県内69箇所の期日前投票所
期日前投票所 選管元データ(PDF)

届け出情報・選挙公報

山梨県知事選挙 立候補者情報(PDF)
山梨県知事選挙 選挙公報(PDF)
2019山梨県知事選選挙公報

★県内の大学でも期日前投票が実施されます。

都留文科大学
1月22日(火曜日)午前10時から午後5時まで

山梨大学 大村智記念学術館
1月23日(水曜日)午前10時から午後5時まで



山梨県知事選挙(2018年)の投票率は?

山梨県知事選挙の過去の投票率は、
平成3年:82.36%
平成7年:49.65%
平成11年:45.13%
平成15年:67.45%
平成19年:66.23%
平成23年:42.29%
平成27年:41.85%
となっています。

平成3年は、1947年の民選導入後、初の現職不出馬による新人同士の選挙となりました。選挙は一騎打ちの構図で、開票が90%を超えるまで当確の出ない大接戦。この時の4,780票差は、過去の山梨県知事選挙での最少票差となっています。投票率もアップしました。

その後2回の選挙は、現職が出馬し順当に当選。投票率も低調に推移しましたが、迎えた平成15年は、現職の不出馬により、12年ぶりに新人対決の構図が実現。三つ巴の選挙の末、当確が出たのはまたも開票90%台という大接戦となりました

さらに平成19年の選挙では、前の選挙で僅差で破れた2位の候補が再び出馬。現職との一騎打ちを繰り広げ、投票率も前回と並ぶ60%台をキープ。結果、雪辱を果たして知事が交代しました。

翌、平成23年は現職が順当に当選。平成27年は現職が引退を表明し、戦後3度目の新人同士の対決となりました。しかし盛り上がった前2回の選挙とは打って変わり、与野党相乗りの候補が1強として他の候補を圧倒。投票率は、過去の県知事選の最低を更新する41.85%まで落ち込みました。

そして今回の選挙では、現職知事を国民民主と立憲民主が推薦する一方、自民・公明が別の候補を立てたことで、前回の相乗りから一転、激しい選挙戦が予想されます。これに元参議院議員と共産推薦の候補が絡む、4人の候補で選挙が争われます。

期日前投票率中間発表

今回の選挙では、4回に渡り投票率の中間数値が公表されます。
第1回中間発表(1/11時点)1,164人 0.17%
第2回中間発表(1/16時点)18,425人 2.64%
第3回中間発表(1/23時点) 74,908人 10.73%
第4回中間発表(1/25時点)
最終結果(1/26時点)

以上、山梨県知事選管のページより。

山梨県知事選挙の争点

リニアを絡めた経済振興と、現職への評価、加えて政党色が選挙のポイントになりそうです。

争点の1つは、県内経済をどう活性化させるかです。山梨県の1人あたりの県民所得は、平成27年度で278万5000円で、全国平均の319万円を下回り、全国で23位。1位の東京はもちろん、隣り合う静岡は全国で6位、長野は全国で19位と、いずれも山梨を上回っています。

NHK NEWS WEB

後藤氏:農業生産額が1千億円を超えたことや産前産後ケアセンターの設置など実績を強調。「県民による県民のための政治」を3回も繰り返し、政党色を前面に出す長崎氏に対し県民党で挑む姿勢を鮮明に。

長崎氏:この4年間、毎年6千~7千人の若い人が古里から離れざるをえないところに追い込んだ。これが停滞でないなら後退と言わざるをえないと強い調子で後藤氏を批判。リニア新駅周辺開発では人を集めるために国際展示場を提案していると強調。

花田氏:国民健康保険や介護などくらしにかかる費用が重すぎる。消費税増税なんてとんでもない。税金の無駄遣いをなくしてほしい。9条改憲はだめ。後藤知事に対して、福祉に予算を回さず、リニア新駅周辺の大型開発をやろうとしていると批判。

米長氏:県全体を健康を中心にしたテーマパークに見立てた「やまなしランド」構想を示した。リニア新駅の周りは民間の投資で健康に関する大学や研究機関をつくり、世界の英知を集めれば企業もやってくると主張。

日本経済新聞



山梨県知事選挙 候補者情報(届出順)

花田仁・新人 明るい民主県政をつくる会(日本共産党推薦)

花田

年齢・経歴

昭和36年3月18日生まれ 57 歳

中央大学 経済学部卒
日本共産党山梨県委員会 委員長

公約や政策(選挙広報より)

「県政を転換」
・命と暮らしまもる
・子育て一番
・地域経済を元気に

公式サイト:花田仁 facebookページ

米長晴信・新人 無所属

米長

年齢・経歴

昭和40年10月21日生まれ 53歳

上智大学 文学部ドイツ文学科卒
元フジテレビ記者、ベルリン支局長など
元参議院議員

公約や政策(選挙広報より)

「今、山梨に大切なのは、女性政策だ!」
・全国で初めて、第三子に百万円を支給します!

公式サイト:米長はるのぶ 公式ホームページ

後藤斎(ひとし)・現職 無所属(国民民主党・立憲民主党推薦)

後藤

年齢・経歴

昭和32年7月22日生まれ 61歳

東北大学 経済学部卒業
農林水産省
衆議院議員

公約や政策(選挙広報より)

「県民による、県民のための政治」
・加速する!ダイナミックやまなし
・「暮らし日本一山梨」を実現します

公式サイト:後藤斎 公式ホームページ

長崎幸太郎 50歳・新 無所属(自由民主党・公明党推薦)

長崎

年齢・経歴

昭和43年8月18日生まれ 50歳

東京大学 法学部卒業
大蔵省(現財務省)
衆議院議員

公約や政策(選挙広報より)

「山梨を幸せにする5つの約束」

公式サイト:長崎幸太郎 公式ホームページ



山梨県知事選挙 候補者情報・twitterタイムライン


山梨県知事選挙 候補者情報・facebookタイムライン

 

この記事が気に入ったら最新ニュース情報を、
いいねしてチェックしよう!